• AHM協同組合の強み
  • 技能実習制度について
  • 技能実習生受け入れのメリット
  • 受け入れまでの流れ
  • ニュース一覧

実習生サポート担当者の声

亀井 登滋 理事 亀井 登滋
母国を離れ、慣れない環境での実習、生活は大変なことで、今までとは180度異なる国へ来ることは並大抵のことではありません。皆、日本に憧れ、母国発展の為に、日々努力し、日本の技術を学び、日本語の習得、法律を学んでいます。
3年間ですが、この外国人技能実習制度は母国発展の為に必要な制度だと感じます。技能実習は一度きりのチャンスなのです。そのチャンスを無駄にはさせたくありません。私共は彼らのこれからの架け橋になるべく存在であると自信を持っております。技能実習生が日本で沢山の事を学び、日本に来て「良かった」と心から喜べることを目標に日々精進しております。

ギェム・ティ ラン アイン 教育管理課 課長 ギェム・ティ ラン アイン
私の仕事はベトナムから優秀青年を選んで実習生として入国させ、日本滞在3年間の日本語と生活をサポートすることです。実習生が日本にいる間、企業様からの翻訳依頼・通訳依頼にも対応しています。ベトナム人と仕事をするのが初めての企業様が多いため、ベトナム人の特徴などを企業様に伝えながらスムーズに実習生と付き合えるようにいろいろ工夫しています。
実習制度は実習生が帰国後、彼らの仕事と将来、彼らの家族の生活水準がよくなるため、ベトナムのような発展途上国にとって、とてもメリットがある制度です。これによって、私も母国に貢献できるので、今の仕事が大好きです。

朝倉 大地 教育管理課 主任 朝倉 大地
AHM協同組合での仕事は、企業様を始め、国と国、人と人をつなぐグローバルな仕事です。実習生はこの3年間母国を離れ、文化や言葉が全く違う状況で過ごします。私達はそんな彼らを3年間見守り、生活指導や日本でのマナーを教育します。そして一番の目的は職場での作業スキルを学び、日本語能力の上達し、母国でその技術を最大限に生かしてもらうことが目的です。企業様にとっても実習生との仕事において実習生から信頼を得られればこんなにも頼もしいパートナーはいないと思っております。3年間の期間ですが企業様にとっても実習生にとっても素晴らしい期間になったと思っていただけるように、私も日々努力していきたいと思います。

グエン・テイ タイン フエン 教育管理課 グエン・テイ タイン フエン
私は技能実習生の日本語と生活のサポートを担当しております。企業様からの翻訳・通訳依頼に対応する他、定期的に企業様、実習生宿舎を巡回して、毎日の食事や衛生面・健康面・メンタル面等の悩みの相談を受けるなど、技能実習生の身近でサポートも行っております。私自身これまで日系企業で培った常識と9年間異国での生活の経験を生かし、3年後企業様も実習生も満足して「実習生を受け入れてよかった」、「日本に来て良かった」と喜んでくれるように精一杯努力しております。

入澤 直也 教育管理課 入澤 直也
技能実習として来日した実習生達のサポートを担当しております。フィリピン語の通訳・翻訳依頼の対応もしております。
日本に来て不安と期待が実習生達にもあると思います。
その不安を取り除いて、日本で暮らす3年間を充実した毎日になるように全力でサポートしていきたいと思います。
日本に来て"何を学ぶ"かより"何を得た"かを実習生達に知ってもらい、母国に帰り日本で身に付けた技術を活かしてもらいたいと思います。実習生達が日本に来て「良かった」や「日本が好きなった」と思ってもらえるように全力で日本での暮らしや日本語のサポートをしていきたいと思います。

グエン・トリ トウック 教育管理課 グエン・トリ トウック
実習生達が日本に来て日本語を勉強し、日本の文化を学び、技能を取得する事は、実習生にとって人生を変えるきっかけになり、夢だった事が現実に変わるかもしれない出来事です。実習生達一人一人の将来の夢を全力でサポート致します。
各企業様の通訳の依頼に対応し、定期的に実習生の宿舎に訪問して、日本語やコミュニケーション能力、生活面、仕事に対しての姿勢と上達する方法を教えます。実習生が帰国する時、企業様が「実習生を受け入れて良かった」と思って頂けるように一生懸命努力致します。

角田 裕輝 教育課 角田 裕輝
実習生が日本に来日してから企業様に送り出すまでの集合講習は、熱意をもって日々実践的な日本語教育を行っております。授業では、日常生活をする上での基礎知識や生活マナー、そして共同生活をおくる上での日本の文化や習慣等を指導します。また、各企業様の現場で使われる専門用語なども実践に向けて指導します。実習生がより円滑に現場で仕事が出来るよう、常に心掛けています。1ヶ月の集合講習が終了し、自信を持った実習生の姿を見る事がとても嬉しく感じます。

pageTop